Reviews

0.0

User Score

0 ratings
Rate This

Descriptions:


University student Kyohei Masuma, who left his closed hometown of Soramori Village and started living alone in Tokyo, has a younger sister, Shio, who has the qualification of “ship” to manipulate the “scarecrow” worshiped as a god in Soramori Village. will visit. This is to tell him that Kyohei’s childhood friend Aiku, who was once imprisoned after causing a tragedy in the village, has escaped. Behind the fate of Kyohei and Aiku was the rape and murder of a new female teacher, Chibano Seno, and the massacre of the villagers.

Beginning with Aki’s escape, the speculations of various people surrounding the scarecrow begin to intertwine inside and outside the closed Soramori Village. Kyohei’s room was destroyed by Aiku’s attack, so he ends up living with her classmate Shiba Hinano. She is the daughter of someone from the village, as well as the person who thought of Kyohei.

閉鎖的な故郷・空守村を離れて東京での一人暮らしを始めた大学生・枸雅匡平の元に、空守村で神と崇められる「案山子」を操る「隻」の資格を持つ妹・詩緒が訪れる。それは、かつて村で惨劇を起こして幽閉された匡平の幼馴染・阿幾が脱走したことを伝えるためだった。匡平と阿幾の因縁の背景には、かつて村において新任女性教師・瀬能千波野の強姦・殺害と村民の殺戮があった。

阿機の脱走に始まり、閉鎖的だった空守村の内外で、案山子を巡る様々な人物の思惑が絡み始めていく。匡平の部屋は、阿幾の襲撃によって破壊されたため、同級生の史場日々乃と同居することとなる。彼女は匡平の想い人であると同時に、村の出身者の娘だった。

やがて匡平を恋い慕う少女・日向まひるが村から訪れると事態は混迷の度合いを増す。まひるは案山子を操る隻の一人であり、その力を使って日々乃を拉致したのであった。マンションの一室に監禁された日々乃は、監視役の男に強姦されそうになる。だが、同級生の空張久羽子に間一髪のところをたすけられる。まひるは暴走のすえに力を失うが、村の有力者・日向佐兵衛が陰謀を張り巡らしていたころが明らかになっていく。村の関係者たちのそれぞれの想いと関わりながら、匡平と阿幾は最終対決を迎えることとなる。

Leave your comment

メールアドレスが公開されることはありません。